群馬のダイビングショップ「マリンブルー」[伊勢崎店:桐生店] / ライセンス取得について

NAUI DIVE SERVICE - GUMMA

■OWスクーバダイバー(Cカード)習得コース



・講習内容
学科、プールまたは制限水域実習、海洋実習の3科目です。
・学科は講習DVDやビデオを使っての在宅学習と、店舗でのまとめの講習を3〜5時間おこないます。
・プールと海洋実習は、2日間で伊豆方面にて終了します。
・少人数講習で、それぞれのレベルに合わせて進めますから、女性やご年配の方でも楽しみながら受講できます。
・お一人様でもお気軽に受講してください。


・講習費
¥50,000(税別)

・Cカード申請料
 ¥7,000(税別)

 
教材、器材レンタル代、宿泊、移動費用、等を含みます。別途の費用は食事代のみです。器材等の購入を無理に奨める事はありません。


 上記以外のレベルアップコースもご用意しております。
  • アドバンススクーバダイバー習得コース
     →ボートやナイトダイビングなどいろいろな海に潜るためのコースです。
  • スクーバレスキューダイバー習得コース
     →海での緊急事態に対処するための、人命救助の知識と技術を学びます。
  • スクーバスペシャルティダイバー習得コース
  • マスタースクーバダイバーダイバー習得コース
  • アシスタントインストラクター習得コース
  • ダイブマスター習得コース


  • <Cカードとは?>

    Cカードの取得も、群馬のダイビングショップ「マリンブルー」にお任せください。

    Cカードの「C」は、英語 certification(認定書)のイニシャル。ダイビング指導団体が発行する技能認定カードです。指導団体の加盟店などが行うスキューバダイビングの技能講習を終了すると取得できます。

    Cカードは、クルマの免許証のように法律で義務付けられているライセンスではありません。しかし、私たち指導団体の加盟店では、お客様に無理なく安全にダイビングを楽しんでいただけるよう、技能レベルに応じた Cカードの取得と、サービス提供・ツアー参加時のCカードの携帯・提示をお願いしています。

    このようなダイビング指導団体と Cカードの制度は、すでに国際的なシステムとして定着しています。日本では法律の規制はありませんが、オーストラリアではCカードを所有していない人のスキューバダイビングを法律で禁止し、ヨーロッパの国々でもダイビング器材の販売・レンタルが禁止されています。ちなみに、世界の指導団体の中でも国際的に権威のある組織としては、カリフォルニア生まれの NAUI(ナウイ)、世界最大の PADI(パディ)、著名な海洋学者クストーが会長を務めた CMAS(クマスまたはシーマス)、世界で初めてロンドンに設立された BSAC(ビー・エス・エイ・シー)などを挙げることができます。

    Cカードにはダイバーの技能レベルに応じたランク付けがあり、ビギナーがまず取得する Cカードのランクは、最もベーシックな「スクーバダイバー」または次のランク「オープンウォーターダイバー」(略称・OWダイバー)です。スクーバダイバーは、インストラクターの引率でスキューバダイビングを楽しむことができ、OWダイバーは 2名以上であればインストラクターなしでもダイビングができます。